河川敷ダイアリー

ただ好きなように書くブログ。

誰にでもおすすめできる超面白い漫画を紹介します

ここ1年くらいで読んだ漫画で特に面白かったものを紹介します。

現在進行形で面白い漫画なので今から買っても大丈夫です。

全て電子書籍版もありますので、kindle派の人にも優しい記事。

 

 

アオアシ(既刊16巻)

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

アオアシ 1 (ビッグコミックス)

 

 高校生の主人公がサッカーのユースチームでプロになるために奮闘するスポーツ漫画。

よくある少年漫画とは違って派手な必殺技とかは出てきません。

とにかくロジカル。サッカーを戦術面でしっかりと描いている珍しい漫画です。

かといって主人公がずっとスマートにサッカーをやっているかといったらそういうわけでもなく、むしろ単純馬鹿な熱血系。

そんな主人公が泥臭く努力していく中で少しずつ気づいていくサッカーの奥深さ・思考と戦術がかっちりはまった時の気持ちよさは格別。

一度味わったときにはもうページをめくる手が止まらない。最高に面白い漫画です。

 

 

■ブルーピリオド(既刊4巻)

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

 

主人公は高校2年生。悪友とただ何となく意味もない毎日を楽しく過ごしている。

勉強もスポーツもそれなりにできる。所謂「なんでもそつなくこなせちゃう系」

ある日美術室でみた美術部員の絵をみたことをきっかけに芸術の道への扉を開くことを決意。目指すのは芸術系の大学で唯一の国立大学「東京藝術大学」。

今まで何に対しても本気にならなかった主人公の「初めての本気」が読み手の心を突き動かしていく。

「芸術は才能」みたいに安易な言葉で片づけず、登場人物それぞれが自分自身と向き合うドラマを味わえる漫画です。

 

 

■アクタージュ(既刊5巻)

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ドラマ、映画、CM、舞台など様々な分野で活躍する「役者」がテーマ。

登場人物それぞれの抱える「役者」というテーマについて葛藤していく心情をうまく描いています。

ジャンプコミックとは思えない内容ではありますが、巻が進むごとにどんどん話に引き込まれていきます。続きが気になって仕方がない漫画です。

 

 

とりあえず今回は以上です。

キングダムとか今更紹介してもって感じだと思うので巻数が少なめで購入のハードルが低そうなのからピックアップしてみました。

 

漫画は面白いから大好きなんだけど、活字の本に比べてすぐ終わっちゃうからコスパあんまりよくないですよね…。

 

 

おわり。